ハーランド、54歳死去のライオラ氏へ哀悼の意 「The best」敏腕代理人の生前姿も添える

ドルトムントでプレーするFWハーランド【写真:ロイター】
ドルトムントでプレーするFWハーランド【写真:ロイター】

敏腕代理人ライオラ氏が54歳で亡くなったことを家族公表、欧州サッカー界に衝撃

 欧州サッカー界で敏腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏が、54歳で死去したと自身のツイッター上で家族が公表した。訃報に衝撃が走るなか、契約選手の1人であるノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)が、自身のインスタグラム上で2ショットをアップし、哀悼の意を表している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ライオラ氏はハーランドのほか、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)など、世界トップクラスのスター選手と契約する大物代理人。欧州サッカー界でその辣腕ぶりを発揮し、これまでに大型移籍を実現させてきた。

 訃報を巡っては4月28日、欧州の複数メディアが一斉に報じたがその後、本人がツイッター上で否定。それから2日後の30日、本人のツイッターが再度更新され、54歳で亡くなったことが家族により公表された。海外メディアによると、ライオラ氏は肺の病気を患っていたとされ、今年1月にイタリアで入院後、手術を受けたとも伝えられているが、詳細は不明となっている。

 この一報を受け、契約選手の1人であるハーランドがインスタグラムを更新。ライオラ氏とともに笑顔で収まった2ショット写真を公開した。投稿には「The best」とだけ綴られ、恩人の訃報に対する哀悼の意を表した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング