敏腕代理人のライオラ氏、SNS上で“死去報道”否定 「この4か月間で2度も殺され、腹が立っている」

ミノ・ライオラ氏がSNS上で“死去報道”否定【写真:Getty Images】
ミノ・ライオラ氏がSNS上で“死去報道”否定【写真:Getty Images】

肺の病気により54歳で死去と、複数メディアが報じる

 欧州サッカー界で敏腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏が、自身の公式ツイッターを更新。「この4か月間で2度も殺され、腹が立っている。蘇生も可能なようだ」と綴り、ヨーロッパの複数メディア上で報じられた死去報道を否定した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ライオラ氏は、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)など、多くのスター選手を顧客として抱える。

 そんな敏腕代理人が4月28日、54歳で死去したと、欧州の複数メディアが報道。英紙「デイリー・ミラー」などが報じたところによると今年1月、肺の病気によりイタリアで入院後、手術を受けたなかで、容体が悪化していたと伝えられたが、自身のツイッター上で「この4か月間で2度も殺され、腹が立っている。蘇生も可能なようだ」と綴り、報道を否定した。

 ライオラ氏の主治医を務めるアルベルト・ザンギリョ氏も、通信社「ANSA」に対し「生き残るために戦っている男の命を推測する疑似ジャーナリストの報道に憤慨している」と、報道を否定した。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング