ミノ・ライオラ氏、海外メディア「死去報道」は誤報 イブラヒモビッチら顧客の敏腕代理人

敏腕代理人ミノ・ライオラ氏【写真:Getty Images】
敏腕代理人ミノ・ライオラ氏【写真:Getty Images】

肺の病気を患っていたと、英メディア報道

 欧州サッカー界で敏腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏が、54歳で死去したと欧州の複数メディアが報道。しかしその後、自身のSNS上で否定し、誤報であることが分かった。同氏はスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)など大物顧客を多数抱える。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 英紙「デイリー・ミラー」によると、ライオラ氏は肺の病気を患っていたとされ、今年1月にイタリアで入院後、手術を受けたが、その詳細は明らかにされていない。欧州サッカー界の剛腕代理人として知られるライオラ氏は、イブラヒモビッチ、ポグバ、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)など、多くのスター選手を顧客として抱えていた。

※ライオラ氏の死去報道否定を受け、加筆・修正しています。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング