「酷すぎ」 浦和DF“ラグビータックル”被害も疑惑ジャッジ、韓国人FW“抱え込み”の瞬間に疑問の声「納得いかん」

浦和DFショルツ【写真:Getty Images】
浦和DFショルツ【写真:Getty Images】

浦和ショルツが大邱FWから“ラグビータックル”被害も…不可解な判定が物議

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節・浦和レッズ対大邱FC(韓国)の一戦(4月24日)で、浦和DFアレクサンダー・ショルツへの“ラグビータックル”を巡る判定が波紋を広げたなか、ACL公式ツイッターがファウルシーンの瞬間を捉えた写真をアップすると、改めて疑問の声が噴出している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 この試合の浦和は、序盤からチャンスを創出するも決定力不足を露呈。結果的にスコアレスドローで終わったなか、後半早々に起きたシーンで疑惑の判定が下される。

 浦和DFショルツが敵陣中央でドリブル突破を図り、相手FWチョン・チインが対峙。身体を張りながらボールをキープするショルツに対し、チョン・チインは両手を使ってショルツを抱え込み、そのまま引きずり倒すようなタックルで突破を食い込めた。

 まるでラグビーを彷彿させるタックルは大邱側のファウルかと思われたが、主審の見解は抱え込んでいたチョン・チインではなく、倒されたショルツのファウルとジャッジ。不可解な判定が物議を醸していた。

 そんななか、ACL公式ツイッターがファウルシーンの瞬間を捉えた写真をアップ。チョン・チインがショルツを後ろから抱え込んでいる姿が収められており、ファンからは「こりゃ酷い」「謎判定」「いまだに納得いかん」「理解不能」「アジアの特別ルール?」「この審判酷すぎ」など、改めて疑問の声が投げかけられていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング