香川真司が明かす“共闘ベスト選手”は? 豪華メンバーから2人選出「彼らとはつながりを感じた」

シント=トロイデンでプレーするMF香川真司【写真:(C) STVV】
シント=トロイデンでプレーするMF香川真司【写真:(C) STVV】

シント=トロイデンの香川真司がベルギー紙のインタビューに応じる

 ベルギー1部シント=トロイデンのMF香川真司が、これまでのキャリアでプレーした選手で“最高”だったのは誰か。ベルギー紙「DeMorgen」のインタビューに応じ、その選手を明かしている。

 現在32歳の香川は2010年にセレッソ大阪からボルシア・ドルトムントに加入。ユルゲン・クロップ監督(現リバプール監督)の下でブンデスリーガ連覇、DFBポカール優勝を経験し、12年夏にイングランド1部マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。その後、ドルトムント復帰を経て、トルコ1部ベシクタシュ、スペイン2部レアル・サラゴサ、ギリシャ1部PAOKを渡り歩き、シント=トロイデンへの加入が決まった。

 現地時間2月13日のベルギー1部第27節ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ戦(1-0)で新天地デビューを飾り、ここまで公式戦計9試合に出場している。そんな香川が現地メディアのインタビューに応じ、これまでの輝かしいキャリアでプレーした選手の中で最高の選手を明かしている。

「マルコ・ロイス、ウェイン・ルーニー、ロビン・ファン・ペルシー、ライアン・ギグス、ジェイドン・サンチョ、ウスマン・デンベレ、ピエール=エメリク・オーバメヤン……。たくさんの選択肢がありますね」と、豪華なメンバーが候補となるなか2人の名を挙げた。

「僕はルーニーとロイスから最も強い印象を受けました。彼らのような試合の洞察力を持つ選手は一緒にプレーすることを簡単に感じさせる。彼らとはつながりを感じました」

 ユナイテッドでともにプレーしたルーニーと、ドルトムントで一緒だったロイスが最も印象深いという。これまでの香川のキャリアで大きな影響を与えた2人は、若き時代に切磋琢磨した仲間だったようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング