逸材チェイス・アンリが独1部シュツットガルトと正式契約 クラブ関係者も期待「デュエルに長けるDF」

DFチェイス・アンリ【写真:Getty Images】
DFチェイス・アンリ【写真:Getty Images】

2022年7月1日から契約は有効

 ドイツ1部シュツットガルトは4月7日、U-21日本代表の18歳DFチェイス・アンリと2022年7月1日からの契約を結んだと公式発表した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 尚志高で注目を浴びたチェイス・アンリはJリーグを経由せず、欧州に挑戦することが決定。今夏に正式加入となったあと、まずはドイツ4部を戦うBチームでプレーする予定だという。

 日本代表MF遠藤航やDF伊藤洋輝が所属するシュットガルト公式ツイッターは、ユースアカデミーのディレクターであるトーマス・クリュッケン氏が、「アンリは14日間トレーニングに参加し、我々を納得させた。彼はデュエルに長けるディフェンダーで、1対1が強み。フィジカルのほか、スピードとパスワークも持ち合わせている」とチェイス・アンリを高く評価するコメントを紹介している。

 クラブ公式ツイッターが「アンリ、VfBへようこそ」と歓迎したほか、海外ファンも「一流」「非常に優れたタレント」と期待を寄せている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング