改革が進む欧州女子サッカーの“青写真” スペインの一戦で8万5000枚チケット完売…着実に向上するステータス

アリアンツ・アレーナで開催されたバイエルン×PSG【写真:Getty Images】
アリアンツ・アレーナで開催されたバイエルン×PSG【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】バイエルンとPSGの女子CL準々決勝、アリアンツ・アレーナで初開催

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は特別なリーグ。それは男子サッカーだけではなく、女子サッカーにとっても本来はそうであるべき。ただこれまでは正直、注目度は男子のそれに比べれば雲泥の差だった。どれだけ選手やチームが頑張っても、そもそも盛り上げてくれる媒介がない。それではなかなか市井のサッカーファンの興味を引くこともできない。

 UEFA(欧州サッカー連盟)はリフォームに踏み込んだ。今季から男子サッカーと同様にグループリーグを導入。そして女子CLのための専用アンセムも生まれた。タイトルは「The time is now」。これは相当にカッコいい。そう、今こそまさに「その時」なのだ。

 ドイツでは、スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」で放送されるほか、全試合がYouTubeでも見ることができる。女子サッカーの魅力やポテンシャルを、できるだけ多くの人に知ってもらおうと、さまざまな動きがされている。試合会場にしてもそうだ。

 先日開催されたバイエルン・ミュンヘンとパリ・サンジェルマン(PSG)とのCL準々決勝はアリアンツ・アレーナで開催。これは女子サッカー界においてドイツ女子代表戦を除けば初めてのこと。バイエルンはクラブとしてこの試合のアピールに力を注いだ。

 バイエルン監督ユリアン・ナーゲルスマンをはじめ、ヨシュア・キミッヒ、セルジ・ニャブリ、ジャメル・ムシアラらがファンに「一緒に応援しよう!」と動画で呼び掛けた。選手のジュリア・グビンは「すごい素敵なこと! 女子サッカーにとっての広告というだけではなくて、将来に向けての大事な信号になる」と喜び、選手もプロモーション活動に参加して思いを訴え続けた。

 こうしたロビー活動すべてがイメージどおりに上手くいっているわけではない。ミュンヘンではこれまで女子サッカーに足を運んでいない人が、「見にいってみようかな?」「これは見に行かなきゃ!」というほどの好奇心を呼び起こすほどの成果をもたらすことはできなかった。それでもバルセロナ対レアル・マドリードの一戦では8万5000枚チケットが完売となるなど、ヨーロッパにおける女子サッカーのステータスは少しずつでも、確かに大きな一歩を踏み出している。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング