浦和は「率直に強い、嫌」 槙野智章が古巣対戦で吐露、土壇場ゴールでイニエスタを絶賛「クロスで決まった」

神戸DF槙野智章【写真:高橋 学】
神戸DF槙野智章【写真:高橋 学】

終了間際に神戸DF槙野智章が同点ゴールを決めて2-2ドロー

 ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章は、古巣対決となった2月23日のJ1リーグ第9節、敵地での浦和レッズ戦で試合終了3分前に同点ゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 槙野は2012年に浦和へ加入すると10シーズンプレーしたが、昨季限りで契約満了により退団。今季、神戸に加入したが開幕から2試合目にいきなり古巣対決が組まれるスケジュールになっていた。

 前節はサイドバックでスタメン出場したが、今節はセンターバックで出場。それでも前半に2失点して1-2のビハインドを背負う展開になり、「前回も今日も2失点している。もっと良くなると思うし、もっとうまく周りを動かすやり方をしないといけない」と課題を話した。

 一方で、真骨頂を見せたのは浦和が退場者を出し、1点を追う神戸が完全に押し込む時間帯になってから。当初は最終ラインに残っている状態だったが「バランスを崩して自分が上がることでカウンターを食らうのが嫌だった。5分でもあれば点は取れるという自信はあった」と話し、「山口やサンペールにタイミングが良ければ上がっていくよという話をしていた」というピッチ上のやり取りがあったという。

 そして、残り時間が少なくなってから前線へポジションを取ると後半42分、途中出場の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが左45度付近でボールを持つと、ファーに逃げる動きから一気に相手の前に入り込んでヘディングシュートを決めた。単純な高さでの競り合いだけでなく、その前の駆け引きから得点感覚を発揮する最大の長所をかつてのホーム、埼玉スタジアムで見せた。

 実際に槙野はイニエスタと目が合ったと話し、「動けばパスを出してくれる選手。クロスでゴールが決まったようなものだと思う」と、その精度を称えた。

 昨季は自分がプレーしたリカルド・ロドリゲス監督が率いる浦和を「対戦してみて、率直に強い、嫌だなというのが感想。成熟されているし、ボールの動かし方は、どうしたら相手が嫌かをピッチ上で選手が分かっている。嫌だなと、退場者が出るまでは思いながらやっていた」と話した。しかし、最終的にはロドリゲス監督が昨季に槙野を勝負所でFW起用したことを思い出させるかのような一発で勝ち点1を持っていった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング