日本代表DF橋岡が同僚“ビースト”の「爆買い」を報告 「気付いたらこんな顔になってたらしい」

シント=トロイデンでプレーするDF橋岡大樹【写真:(C) STVV】
シント=トロイデンでプレーするDF橋岡大樹【写真:(C) STVV】

橋岡は林大地、アレッサンドロ・ルッソとともにアントワープへ観光

 ベルギー1部シント=トロイデンは、元日本代表MF香川真司が加入したことでも注目を集めている。そのなかで、2021年からチームに所属する日本代表DF橋岡大樹が自身の公式インスタグラムを公開し、同僚の「爆買い」の様子を報告している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和レッズの下部組織で育ち、2018年にトップチームへ昇格した橋岡。着実に出場機会を伸ばし、2019年には追加招集で日本代表デビューも果たした。2021年にベルギーへ渡り、昨季はリーグ戦6試合に出場。完全移籍となって迎えた今季は定位置を掴み、24試合1アシストを記録している。

 その橋岡は2月18日にインスタグラムを更新。イタリア人GKアレッサンドロ・ルッソ、日本人FW林大地とともにオフでアントワープを訪れたことを報告した。写真では、両手に大きな買い物袋を持った林の姿が収められており、「VUITTON大量に買って気付いたらこんな顔になってたらしい。林くんはやっぱり勢いあります」と橋岡は説明している。

“ビースト”の異名を取る林の「爆買い」模様をレポート。24歳の林は冗談で「橋岡くんの荷物持たされました」とコメントすると、22歳の橋岡は「先輩にそんな事出来ません」と切り返した。また、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、「靴も黒でしょ。ここまできたら」と橋岡のコーディネートに軽快なツッコミを入れて盛り上がりを見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング