シント=トロイデン香川は「謙虚でお手本になる」 模範的な姿へ同僚ブラジル人FW感銘

シント=トロイデンデビューを果たしたMF香川真司【写真:Getty Images】
シント=トロイデンデビューを果たしたMF香川真司【写真:Getty Images】

ホッフェンハイムからレンタル加入したFWジョアン・クラウスが香川へ熱視線

 今冬の移籍市場でベルギー1部シント=トロイデンに加入した元日本代表MF香川真司は、2月13日に行われた第27節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ戦(1-0)の後半38分からピッチに立ち、ベルギーデビューを果たした。まだチームに合流して1か月も経っていない香川だが、チームメイトには受け入れられているようだ。ベルギーメディア「Walfoot」が報じている。

 背番号10を付けた香川は、1-0で迎えた後半38分から出場し、試合終了までピッチに立った。ギリシャのPAOKに在籍した昨年9月12日のリーグ開幕戦以来、約5か月ぶりの公式戦出場を果たした香川には、今後のさらなる活躍が期待される。

 かつてドルトムントでドイツ1部リーグ2連覇を達成し、アレックス・ファーガソン監督に請われてマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川は、シント=トロイデンのチームメイトたちからも、一目置かれているようだ。

 香川と同じく冬の移籍市場でシント=トロイデンに加入し、ユニオンSG戦に先発出場していた24歳のブラジル人FWジョアン・クラウスは、「シンジは素晴らしい男で、クラブに到着して、クラブに到着してすぐにハードワークしてくれたし、とても謙虚だよ。

 これまでのキャリアで成し遂げてきたにも関わらず、あのような姿勢で取り組める意識は、僕らのお手本になる。僕たちはトレーニングからうまくやれている。今回は(クラウスが後半27分に交代したため)すれ違うことになったけれど、この先の試合では一緒にプレーできることを期待しているよ」と、初の共演を心待ちにした。

 リーグ首位のユニオンに勝利し、勢いに乗りたいシント=トロイデン。サラゴサ、PAOKで苦しい時間を過ごした香川は、再び輝きを取り戻せるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング