セルティック井手口、13日のカップ戦で復帰か ポステコグルー監督が示唆「すべての練習をこなしている」

セルティックMF井手口陽介【写真:Getty Images】
セルティックMF井手口陽介【写真:Getty Images】

1月のカップ戦で足を踏まれて負傷欠場

 日本代表MF井手口陽介は、日本代表FW前田大然、日本代表DF旗手怜央とともに、今冬の移籍市場でスコットランド1部セルティックに加入した。加入後、間もなく相手選手との接触で負傷したが、2月13日に行われるスコティッシュカップ5回戦のレイス・ローバーズ戦に間に合う見通しだと、アンジェ・ポステコグルー監督が語っている。スコットランド紙「スコッツマン」が報じた。

 現在、リーグ戦で首位に立っているセルティックは、すでにリーグカップのタイトルを獲得。国内3冠の可能性を残している。スコティッシュカップ5回戦では、2部のレイス・ローバーズと対戦予定で、この試合で井手口が復帰できるかもしれない。

 井手口は1月17日に行われたリーグ第21節ハイバーニアン戦(2-0)に途中出場して、セルティックデビューを飾ると、続くカップ戦のアロア・アスレティック戦(2-1)には先発出場。しかし、後半15分に相手選手に足を踏まれる形となって足首を負傷し、その後は離脱が続いていた。

 2月9日に行われたリーグ第26節アバディーン戦(3-2)はメンバー外となっていた井手口だが、その試合から起用できる選手に変化があったかを問われたポステコグルー監督は、「おそらく井手口が唯一の大きな違いになるだろう。彼はすべての練習をこなしており、試合にも起用できる」と、コンディションが整ったことを明かしている。

 同じタイミングでセルティックに加入した旗手や前田がゴールに絡み、存在感を発揮しているだけに、無念の離脱を強いられていた井手口の活躍にも期待が懸かる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング