マジョルカ久保、積極プレーでチーム最高採点 果敢な突破&チャンス演出を海外評価

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

カディス戦でスタメン出場した久保、相手の脅威となるプレーで存在感

 スペイン1部マジョルカは、現地時間2月5日に行われたホームでのリーガ・エスパニョーラ第23節カディス戦で2-1と逆転勝利を収めた。スタメン出場した日本代表MF久保建英は後半44分までプレーし、チームトップの評価を得ている。

 マジョルカは、リーグ戦3試合連続のスタメンに名を連ねた久保が右サイドハーフで出場。前半8分に失点したマジョルカだが、同18分に久保のパスを受けたコソボ代表FWベダト・ムリキのクロスからDFブライアン・オリバンが相手エリア内で倒されてPKを獲得。これをMFサルバ・セビージャが冷静に決めて同点に追い付いた。

 久保はドリブルからペナルティーエリア内に持ち込んで積極的なシュートを試みるなど、要所で相手に脅威を与えるプレーを披露。久保のキックからチャンスを演出し、守備でも汗を流すなど、攻守にわたって貢献した。

 決勝弾も久保の突破がきっかけだった。後半14分にカウンターから抜け出そうとした久保が、カディスDFイサにファウルで止められる。これで獲得したFKに飛び込んだFWアンヘルが相手GKヘレミアス・レデスマと接触し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)介入の末にPKを獲得。ムリキがこれを決めてマジョルカが逆転勝利を飾った。

 英データサイト「Whoscored.com」でチームトップはムリキの「8.2」となり、久保は2位の「7.8」を与えられた。またデータ分析会社「オプタ」の数値を元にデータを展開する「SofaScore」によれば、久保がチームトップの「7.8」、ムリキが2位の「7.7」となっている。

 残留争いのライバルとの一戦で勝利したマジョルカ。好機を演出するなど存在感を示した久保のパフォーマンスも評価されているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング