清水ユース監督就任の澤登氏、16年間出演のレギュラー番組卒業 “先輩”長谷川健太氏から激励に感激「背中を見ながら頑張ります」

静岡朝日テレビ「スポーツパラダイス」卒業で花束を受け取った澤登正朗氏(中央)【写真提供:静岡朝日テレビ】
静岡朝日テレビ「スポーツパラダイス」卒業で花束を受け取った澤登正朗氏(中央)【写真提供:静岡朝日テレビ】

「スポーツパラダイス」番組内で澤登氏の後任発表はなし

 清水エスパルスユースの監督に就任した元日本代表MF澤登正朗氏が1月28日夜、約16年1か月、レギュラー出演してきた静岡朝日テレビ「スポーツパラダイス」(金曜夜11時10分)を卒業した。番組は通常どおりに放送され、高校野球でセンバツ出場が決まった日大三島、昨秋の東海大会準優勝ながら落選した聖隷クリストファーのニュース、J1清水、J1ジュビロ磐田のキャンプ情報などを伝え、MCの澤登氏が解説。最後に思いを語った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「16年間本当にありがとうございました。スタッフの皆さん、それから視聴者の皆さん本当にありがとうございました。今、思い出すと16年って凄いなという感じもありますし、数々のロケもやったんですけれども。例えば、ゴルフであったり、フットサル、フットゴルフ、釣り、スキーもやりました。過酷だったのがマラソンで坊主をかけて走る企画です。『そんな企画まで私、やらされたんですよ!』だけど、今思えば、本当にいい思い出だったので、番組の方々には感謝しかないです。ありがとうございました」

 その後、澤登氏の清水での先輩で、同番組でもMCを務めていたJ1名古屋グランパスの長谷川健太監督からのメッセージが流れた。長谷川氏は、澤登氏が17年ぶりに清水に復帰したことに触れ、「『まず、清水に戻る』ということを昔言っていたので、どういうサッカーをするのかを楽しみにしているし、トップチームに上がる優秀な選手を育てて、ノボリはノボリのやり方で道を極めてほしいです。活躍を楽しみに見守っていきたいと思っています」などとコメントした。

 文字どおり、サプライズVTRだったが、澤登氏は笑顔で「名将からいろんなことを言っていただき、ありがたく思っています。健太さんの背中を見ながら頑張っていきたいと思います」と感謝。最後にもう1度、カメラを見つめて「頑張ります」と宣言した。

「スポーツパラダイス」は1996年4月、サッカーを中心とした静岡県内のスポーツ情報を伝える番組として放送開始。00年1月からは、長谷川氏をMCに迎えた。長谷川氏は、清水監督就任に伴って05年1月に番組を卒業。同年3月には、元日本代表MFラモス瑠偉氏(現サッカー解説者)をコメンテーターに迎えるも、同年9月に柏レイソルコーチ就任したことで番組を卒業。その後、三浦泰年氏(現JFL鈴鹿ポイントゲッターズ監督)が新コメンテーターに就任し、06年1月からは05年末に現役引退した澤登氏が番組レギュラーに加わった。澤登氏の卒業に伴って後任が注目されているが、28日の放送では発表されなかった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング