看護師の応援メッセージ風!? GK林彰洋、「花模様みたい」再手術の膝ショット公開

FC東京のGK林彰洋【写真:Getty Images】
FC東京のGK林彰洋【写真:Getty Images】

再手術成功を報告「これが手術後のカラダね」

 FC東京のGK林彰洋が自身のSNSを更新し、再手術後の膝の状態を公開。「なんか花模様みたいなの書かれたわ」と膝ショットを公開し、注目を浴びている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 林は1月16日に自身のインスタグラムで「この度、再度手術を受けることにしました」と報告。2020年11月の練習中に同じ箇所を負傷し、昨季は未出場に終わっていた。

「術後この一年以上もの間に違和感としてあり続けた『引っかかり』というものがどうしてもとれません。とはいうものの、確実にこれが原因!!というものも明確ではありません。復帰して離脱、復帰して離脱。何度も繰り返してしまった昨年。本当にしっかり悩まされました」と明かしている。

 クラブは右膝前十字靭帯損傷、外側半月板損傷と発表。自身のツイッターで1月17日の再手術成功を報告し、この日は手術箇所である膝の状態を動画で紹介した。「リハビリ開始したけど、当然ペース遅めです しっかり動きません これが手術後のカラダね #完全に復活へ #なんか花模様みたいなの書かれたわ #意味わかる人ー(片手を上げて人の絵文字)」と発信している。

 膝には花模様にも見えるパッチが貼られており、コメント欄に「応援してます!」「晴れが早くひきますように」「花模様 パッと見たとき! 看護師さんが応援メッセージが書いてあるようにみえちゃいました!」などの声が並んだ。謎だった花模様について「滲んでる出血範囲のマーキングかなと思います」という意見も寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング