元神戸フェルマーレン妻、直径20cm「巨大巻き寿司」&美断面ショット公開「おいしい」

昨季までヴィッセル神戸でプレーしたDFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】
昨季までヴィッセル神戸でプレーしたDFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】

日本の名所を巡る様子などを度々紹介したポリーさんが巨大巻き寿司を紹介

 J1ヴィッセル神戸を昨季限りで退団したベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの妻ポリー・パーソンズさんが自身のSNSを更新。日本への思いを馳せるように、「巨大巻き寿司」ショットを公開している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 フェルマーレンはアーセナル、FCバルセロナ、ASローマなど欧州名門クラブに在籍。2019年7月に名門バルセロナから神戸に加入し、Jリーグ1年目はリーグ戦8試合でプレーし、天皇杯制覇も果たした。来日3シーズン目の昨季はリーグ戦23試合1得点の成績を残すと、クラブ史上最高位となる3位、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に貢献したなか、昨年12月13日に契約満了による退団が発表された。

 妻のポリーさんは、これまで日本の名所を巡る様子などを度々紹介してきたなか、この日はインスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)を更新している。

「これ食べたい…おいしい 巨大巻き寿司」と記し、直径約20センチの特大巻き寿司を興味深そうに撮影。職人が崩れないように包丁を入れ、切り終わった直後の美しい断面も披露している。

 今年の元日には、神社の鳥居をバックに撮影したポートレートとともに、「なんて1年だったのかしら。私は日本での冒険にとても感謝しています」とメッセージを発信していたポリーさん。日本での日々を懐かしむように寿司ショットを届けていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング