久保建英は白い巨人でプレーできない? レアル専門メディア指摘「彼のせいではないが、成功しない」

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

「ウインガーとして必要なものをすべて持っている」と評価しつつ、ライバル多数を指摘

 日本代表MF久保建英は今シーズン、スペイン1部レアル・マドリードからマジョルカへ期限付き移籍している。2019年にFC東京からレアルに加入したが、それ以降は毎シーズン、レンタルを繰り返している状況。レアル専門メディア「The Real Champs」は久保の能力を認めつつも、レアルで成功する可能性が低いと指摘した。

 2019-20シーズンに続き、再びマジョルカに加入した久保は、ここまでリーグ戦7試合に出場して1得点を記録。この唯一のゴールは、アウェーでのアトレティコ・マドリード戦(1-0)の決勝点であり、当時はレアルが首位を争っていたこともあり、所属元を助けるゴールとして注目された。

 マジョルカで試合経験を積んでいる久保だが、外国籍枠の問題もあり、レアルでの選手登録が難しい状況にある。そうしたなか、「The Real Champs」は、「彼のせいではないが、久保建英はもしかしたらレアル・マドリードでは成功しない」と見出しを打って特集を組んだ。

「公平に見ても、注目の日本人選手は、ウインガーとして必要なものをすべて持っている。素早く、技術に長けて、若い。彼の契約が日本においてレアル・マドリードの名前をさらに広げるビジネス面での影響も大きいことも無視できない。18歳という年齢でも、タケ・クボは彼の母国で知れ渡っており、次の大きなステップを踏む準備ができていた」

 記事では、レアルが久保を獲得したことをポジティブに伝えているが、では何が問題なのか。指摘されたのは、「レアル・マドリードには、単純にクボのポジションにいい選手が多く在籍し過ぎている」ということだ。

 レアルはブラジル代表FWヴィニシウス、ブラジル代表FWロドリゴといった若い選手たちも獲得している。そして、「右サイドでは、クボはマルコ・アセンシオとロドリゴとポジションを争わなければいけないし、逆サイドに移ろうとしても、ヴィニシウス、エデン・アザールとの争いになる。さらにパリ・サンジェルマンからキリアン・ムバッペが加入すれば、ピッチでインパクトを残そうとするクボには、あまりに多くの競争がありすぎる」と、記事では触れた。

 レアルで出場機会を得られない久保を、レンタルに出して経験を積ませることは、理に適っていることだとしつつも、「では、両者はどの段階になれば、残留するべきか、去るべきかを確認できるだろうか」と、期限付き移籍を繰り返し続けることについて疑問を呈している。

 記事のまとめでは、「彼がいかに才能のある選手であっても、スター選手が完璧にフィットするとは限らない。そして、これはその例の1つかもしれない」と、久保がレアルを離れることを予見した。久保は将来、世界最高の選手たちが集まるレアルで居場所を作る確保できるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング