C・ロナウド、後半戦の巻き返しに意欲 「俺は7位になるためにここにいるわけじゃない」

マンUのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
マンUのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

19試合を終えた時点で暫定7位と振るわず、今のままではトップ4も「不可能」と断定

 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地メディアのインタビューで今シーズンの戦いを振り返り、「7位になるためにここにいるわけじゃない」と後半戦での巻き返しに向けて意気込みを明かしている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ロナウドは今季開幕前にイタリア1部ユベントスからユナイテッドに移籍。2009年以来12年ぶりの古巣復帰を果たした。ここまでプレミアリーグでは16試合で8得点3アシストをマークしている。

 しかし、チームの成績は振るわず、19試合を終えた時点でユナイテッドは暫定7位(9勝4分6敗)。消化試合が2試合少ないとはいえ、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は「22」となっている。オレ・グンナー・スールシャール監督がシーズン途中で解任され、ラルフ・ラングニック体制に変わるなど今まさに変革の途中にある。

 ロナウドは英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで、これまでのチームのメンタリティーではトップ4入りさえも「不可能」だときっぱり。「俺はチームのメンタリティーがプレミアリーグのトップ3以下でいることを受け入れられない」と自らを奮い立て、後半戦での巻き返しを誓った。

「いいものを作り上げるためには、いくつかのものを壊さなければならないこともある。新しい年、新しい人生、そしてマンチェスター(・ユナイテッド)がファンの求めるレベルになることを望んでいる。私たちはこの状況を変えることができる。その方法は分かっているがここでは言わないでおく。

 俺が言えるのは、自分たちはもっとうまくやれるということ。マンチェスター(・ユナイテッド)は重要なものに属しているのだから、この状況を変えなければならない。俺は6位や7位、あるいは5位になるためにここにいるわけじゃない。勝つために、競争するためにいるんだ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング