「やっていける」 ベルギー移籍の香川真司、日本代表復帰へ意欲「自分自身に期待」

会見に出席したMF香川真司【写真:ⓒSTVV】
会見に出席したMF香川真司【写真:ⓒSTVV】

シント=トロイデン加入会見で、日本代表復帰への思い明かす

 元日本代表MF香川真司は、ベルギー1部シント=トロイデンへの加入が基本合意に至った。1月11日、加入内定記者会見が行われたなか、2年以上招集から遠ざかっている日本代表への思いも明かしている。

 現在32歳の香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。ユルゲン・クロップ監督の下、加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験した。

 12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、PAOKを渡り歩き、無所属となっていたなか、10日にシント=トロイデンへの加入が基本合意したと発表された。

 11日の加入内定記者会見では、香川本人が移籍経緯を告白。Jリーグ復帰も考えたことを明かしつつ、「サッカー選手として成長し続けたい」という思いから欧州移籍を選択し「その都度、壁を乗り越えてきたと思うし逆境が人を成長させると体現してきたつもり。今回もそれを証明しないといけない。このままでは終われない」と、再起も誓っている。

 一方で、2019年6月以降、メンバーから遠ざかっている日本代表復帰に対する思いにも言及。かつて、エースナンバー10番を背負った32歳のMFは、「この2年間、代表には絡んでいない。その思いは非常に強い」と率直に明かした。「今年はワールドカップ(W杯)イヤーでもあるので、その目標は常に持っている。この1年の成績、パフォーマンスは重要視されると思う。自分自身に期待しているし、そこに入ってやっていけるというのは常にイメージしている。目指している場所」と意欲を示した。

 香川自身の脳裏に焼き付いているのは、2018年ロシアW杯・ベルギー戦での敗北だという。ベスト16の一戦で、2点を先行しながらも、日本はまさかの逆転負け。その試合のピッチに立っていた香川は「あそこでの経験や敗北を含め、自分自身に足りないものは何かと感じた。新たなチャレンジをし続けている過程なので、終わりはないと思っているし、諦めることなく成長し続けていきたい」と、意気込んだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング