【Jリーグ去就動向】FC東京が新外国人DFを完全移籍で獲得 36歳の元日本代表DFはJ3相模原へ

ブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンと元日本代表DF水本裕貴【写真:Getty Images & ⓒFCMZ】
ブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンと元日本代表DF水本裕貴【写真:Getty Images & ⓒFCMZ】

FC東京が昨季大分でプレーのDFエンリケを獲得

 J1のFC東京が2021年1月8日にポルトガルのGDエストリル・プライアからブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンを完全移籍で獲得したことを発表した。

【移籍一覧】Jリーグ全56クラブ「2021-22|退団・戦力外&新加入選手」

 エンリケはこれまで、ブラジルとポルトガルのクラブでプレー経験を積み、昨シーズンは大分トリニータでプレー。リーグ戦28試合に出場し2ゴールをマークしている。

 185センチの身長を誇るブラジル人DFは、クラブを通じてファン・サポーターにメッセージを届けている。

「FC東京のファン・サポーターのみなさま、初めまして、ディフェンダーのエンリケ・トレヴィザンです。東京でプレーできる機会をいただけて本当に嬉しいです。献身的なプレーや闘争心溢れる姿をみなさまにお見せできたらと思います。全員で今シーズンの目標を達成できるよう頑張りましょう。よろしくお願いします!」

 また、J3のSC相模原はJ2のFC町田ゼルビアを契約満了で退団した元日本代表DF水本裕貴の完全移籍での獲得を発表した。

 36歳の水本は、日本代表歴を持ち、国際Aマッチに7試合出場している。昨季リーグ戦24試合に出場したが、終盤戦はベンチに回る機会が増えていた。自身7クラブ目となる相模原での挑戦を前に、ファン・サポーターに意気込みを語っている。

「初めまして。水本裕貴です。SC相模原に関わる全ての皆様に1日でも早く認めて頂けるよう日々努力いたします。J2昇格に貢献するために、覚悟を持ってやってまいりますのでサポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」

【1月8日発表、その他の主な移籍動向】

■CDサンタクララ→セレッソ大阪
FW ジェアン・パトリッキ(完全移籍)

■デポルティーボ・マルドナド→セレッソ大阪
FW ブルーノ・メンデス(期限付き移籍

■愛媛FC→サガン鳥栖
GK 岡本昌弘(完全移籍)

■柏レイソル→アルビレックス新潟
DF 田上大地(完全移籍)

■ガイナーレ鳥取→[柏レイソル→]AC長野パルセイロ
DF 杉井 颯(完全移籍)

■徳島ヴォルティス→愛媛FC
DF 鈴木大誠(期限付き移籍)

■モンテディオ山形→松本山雅FC
GK ビクトル(完全移籍)

■テゲバジャーロ宮崎→ヴァンラーレ八戸
MF 渡邊 龍(完全移籍)

■ガイナーレ鳥取→[湘南ベルマーレ→]福島ユナイテッドFC
MF 新井 光(期限付き移籍)

■湘南ベルマーレ
FW ウェリントン・ジュニオール(期限付き移籍満了)
FW 石原直樹(契約満了)

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング