シンガポール代表の吉田達磨監督、双方合意で退任発表 「この決断は簡単ではなかった」

シンガポール代表監督を退任する吉田達磨氏【写真:Getty Images】
シンガポール代表監督を退任する吉田達磨氏【写真:Getty Images】

シンガポールサッカー協会、代表を指揮した吉田達磨監督の退任を正式発表

 シンガポールサッカー協会は12月28日、2019年6月からシンガポール代表を率いていた吉田達磨監督と双方合意のうえで退任すると発表した。

 シンガポールサッカー協会は「本日、双方の合意のうえで、吉田達磨監督が、現在広がっている新型コロナウイルス禍のなかで日本へ帰国し、家族と過ごすために2021年12月31日に退任する」と声明を出した。

 リム・キア・トン会長は「代表のレベルを上げるために、監督がスタッフと一丸となって努力している姿を見ており、代表を去ることは非常に残念です。選手たちに、より攻撃的で素早いサッカーという彼のサッカー哲学を教え込むことができた。それは現代の試合に沿ったものだった」と絶賛している。

 またコロナ禍の状況に触れた同氏は「家族を優先し、家族とより過ごす機会を求めるという彼の決断を全面的に尊重します。シンガポールのサッカー会を代表して、私たちのために尽くしてくれたこと、また真のプロであり紳士だったことに対して、タツマに感謝します」とコメントしている。

 吉田監督は「この決断を下すのは簡単なことではなかったですし、この決断を下さなければよかったと思う気持ちもあります。この2年間は、パンデミックの影響で渡航が制限されていたため、私や家族にとって容易なことではありませんでした」と複雑な胸中を吐露し、次のように続けている。

「私の息子たちである選手たちを信頼し、全幅の信頼を置いてきました。彼らが自分たちを信じ続ける限り、この地域で最高の選手になる可能性がある。私は遠くからシンガポールのサッカーをサポートし続け、今後数年間でますます強く成長することを望んでいます」

 なお、2022年1月から吉田監督の後任探しを開始するとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング