「ベルギー最高の選手」 1G1Aヘンク伊東、現地メディアMOM選出…圧巻プレーを絶賛

ヘンクでプレーするMF伊東純也【写真:Getty Images】
ヘンクでプレーするMF伊東純也【写真:Getty Images】

オーステンデ戦で2得点に関与、ヘンクの4-0勝利に貢献

 ヘンクの日本代表FW伊東純也は現地時間26日のベルギー1部ジュピラー・プロ・リーグ第21節オーステンデ戦(4-0)で1得点1アシストをマークして勝利に貢献した。現地メディア「Sporza」は伊東をマン・オブ・ザ・マッチに選出し、「ベルギーサッカー界最高の選手でい続けている」と称賛している。

 開幕から全試合出場を続けている伊東は4試合連続スタメンでの出番となったオーステンデ戦も定位置の右ウイングとしてピッチに立った。すると前半6分には得意のドリブルで相手をかわし、ペナルティーエリア内右からのクロスでFWアイク・ウグボの先制点をお膳立てした。

 同12分には左からの浮き球パスに抜け出し、左足のシュートで自ら得点もゲット。前半早々に伊東が2得点に絡む活躍を見せたヘンクはその後もさらに2点を追加し、4-0で快勝。2試合ぶりの白星で年内最終戦を締めくくった。

 ベルギーメディア「Sporza」は1得点1アシストと圧巻の活躍を見せた伊東を試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。「伊東純也はベルギーサッカー界最高の選手の1人でい続けている。この日本人プレーヤーは今夜も決定的な役割を果たし、一流選手であることを証明した」と28歳のスピードスターを絶賛した。

 ヘンクは21節を終えた時点で暫定9位と中位に甘んじているが、その中で伊東は4得点8アシストと出色のパフォーマンスを見せている。その活躍からベルギーリーグナンバープレーヤーの1人に数えられているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング