「そっくりすぎる」 大津祐樹、女子アナ妻&愛息の“ほっこりショット”2選に称賛「爽やか」

磐田FW大津祐樹【写真:高橋 学】
磐田FW大津祐樹【写真:高橋 学】

新天地の磐田から積極的に発信、大津家の日常にファンも注目

 ジュビロ磐田の元日本代表FW大津祐樹は、これまでSNSを通じてさまざまなオフショットなどを提供してきたなか、今回は“大津ファミリーショット”2選を紹介する。

 現在31歳の大津は、2021シーズンに横浜F・マリノスから磐田に移籍。そして2月11日に待望の第一子となる男児が誕生し、テレビ朝日アナウンサーの妻・久冨慶子さんを交えた3ショットなどを公開していた。

「大津家に新たな家族が加わりました。(中略)授かった命を大切にたくさんの愛を注いで育てていきたいと思います!」

 父親としての決意を口にしていた大津も、当時、生後約1か月となる第一子を前にして早速“パパぶり”を発揮。「ママ似か? パパ似か?」と綴り、写真も添えて話題を呼んでいた。

 2月28日の開幕戦で途中出場を飾った大津は、その後もコンスタントに出場。リーグ第4節・京都サンガF.C.戦を控えたタイミングで、「産まれてから1ヶ月が経ちました。胸ぐら掴まれて喧嘩売られたり。抱きついて離れなかったり。毎日裸の付き合いしたり。ポケーっとした顔したり」とSNSに投稿している。大津が育児について語りつつ、妻、息子との3ショットも添えたなか、当時「そっくりすぎる」「爽やかすぎ」「ほっこりショット」と反響が広がっていた。

 今季、最終的に40試合6ゴールの結果を残した大津は、磐田のJ2優勝とともに、3シーズンぶりのJ1昇格に貢献。父親としても奮闘する“大津パパ”は、来季もピッチ内外でフル稼働することになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング