J1名古屋、FWシュヴィルツォクの活動停止を発表 ACLでドーピング違反疑い、クラブ側は再分析を要請

名古屋FWヤクブ・シュヴィルツォク【写真:ⓒAFC】
名古屋FWヤクブ・シュヴィルツォク【写真:ⓒAFC】

暫定措置として選手のサッカー関連活動を停止へ

 J1名古屋グランパスは12月10日、ポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でドーピング違反の物質が検出されたとの連絡を受けた一件を巡り、暫定措置として同選手のサッカー関連活動の停止を発表した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 AFC(アジアサッカー連盟)によると、10月17日に行われたACL準々決勝の浦項スティーラース(韓国)との一戦におけるドーピング検査にて、シュヴィルツォクから採取された検体(A検体)から禁止されている物質が検出されたという。

 この一件を受けてクラブ側は対応を公にし、所定の手続きに従って同時に採取された別の検体(B検体)での再分析を要請していると発表。再分析などによる結果が確定するまでの間、暫定な措置として、シュヴィルツォクは全てのサッカー関連活動に参加できないことも合わせて報告した。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング