“優等生監督”リー・シャオポン電撃誕生 中国代表チーム、指揮官交代の裏事情とは?

写真は中国代表【写真:Getty Images】
写真は中国代表【写真:Getty Images】

【中国サッカー考察コラム#6】中国代表のリー・シャオポン新監督はどんな人物?

 日本のサッカーファンの皆さま、こんにちは。中国サッカーメディアにて活動している久保田嶺です。今回は、中国代表の新監督に電撃就任した李霄鵬(リー・シャオポン)について書きたいと思います。来年1月27日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本対中国戦の一戦が彼の初戦となり、また日本にとっても非常に大切な試合となります。新監督のリー・シャオポンがどのような人物なのか理解することで、日本代表が勝利を掴み、何より1月の戦いがより面白いものになれば幸いです。

「なでしこジャパンに苦しめられた監督」

 リー・シャオポンは、1975年山東省青島市生まれの46歳。現役時代は94年のデビューから2005年の引退まで山東泰山でプレーし続けて200試合以上に出場、2002年の日韓W杯でも右サイドハーフとして3試合に出場した中国サッカー界レジェンドの1人です。

 30歳という若さで2005年に引退し、その後10年より中国女子サッカー代表の監督となります。しかし、ここでは、2011年のドイツ女子W杯で優勝することになる澤穂希率いるなでしこジャパン(日本女子代表)が大きく立ちはだかり、思うような結果は残せませんでした。2010年の女子アジアカップでは、日本との3位決定戦に敗れて4位。この結果により11年W杯出場権を手にできず、またロンドン五輪アジア予選でも同組の日本などに敗れ、本大会出場権を逃してしまいます。

 彼は中国女子代表監督として「アジアカップで初めてメダルを逃す」「ワールドカップ出場権を初めて逃す」「オリンピック出場権を初めて逃す」という不名誉な記録を3つ持っており、決して中国女子代表監督としては成功できたとは言えないかと思います。

 中国女子代表監督後は、故郷でもある現中国3部の青島海牛や山東泰山で指揮を取り、2021年は武漢にて監督をしておりましたが、先日の李鉄(リー・ティエ)解任に伴い新監督に就任しました。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング