古橋亨梧への“ダイブ批判”、ポステコグルー監督反論 「何かしらの意図がある」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:AP】
セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:AP】

元プレミアリーグ審判員の批判へ真っ向から抵抗「批判しているのは無知な人」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧は初挑戦のスコットランドでゴールを量産する一方で、ファウルを得るためたのダイブを批判されている。セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督は「批判しているのは無知な人で、何かしらの意図を持って行われている」と反論した。

 今夏にJ1ヴィッセル神戸からセルティックに移籍した古橋はスコットランド1部リーグで13試合8得点をマークし、得点ランキングで2位タイにつけている。ゴールを量産する日本代表FWの活躍は現地でも大きな注目を集めている。

 しかし、その一方で古橋にはダイブ疑惑が掛けられている。10月30日に行われた第12節リビングストン戦(0-0)で古橋がPKを獲得した際には、DFアヨ・オビレイェに後頭部を叩かれたが、その際にかなり大袈裟に倒れ込んだことを元プレミアリーグ審判員のキース・ハケット氏から「こうした出来事は、サッカーのイメージを汚す」「キョウゴの倒れ方は誇張されている」と強い言葉で批判された。同氏は「もし、私がスコットランドサッカー協会の人間だったら、彼ら2人を呼び、罰金を科す」とまで言い放った。

 しかし、こうした批判が展開されていることに対し、ポステコグルー監督は皮肉を込めて反論している。

「キョウゴのようにジョッキー(騎手)ほどの体格で6フィート3(約190cm)の大男たちと対戦している選手を、傍観者として座っているだけの大きくて勇敢な戦士たちが批判するのを聞くと笑ってしまうよ。私はそのような話は聞いていないし、意味のある議論をしたいとも思わない。批判しているのは無知な人で、何かしらの意図を持って行われているからだ。

 だから私はそれに付き合うつもりはない。私から言えることは、どのチームをサポートをしているかにかかわらず、サッカーを愛する人々の中にキョウゴが素晴らしい選手だと思わない人がいるのであれば私はとても驚くということだ」

 指揮官は「彼は毎日、向上しようとしている。彼はジェントルマンだ」と古橋がサッカーに紳士に取り組んでいることを強調。古橋に向けられた批判は的外れなものだと一蹴していた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング