川崎守護神、クラブレジェンドの映画鑑賞で決意 「もっとチームのチカラになりたい」

川崎フロンターレでプレーするGKチョン・ソンリョン【写真:高橋 学】
川崎フロンターレでプレーするGKチョン・ソンリョン【写真:高橋 学】

川崎GKチョン・ソンリョン、中村憲剛FROのドキュメンタリー映画を鑑賞

 J1リーグ・川崎フロンターレの元韓国代表GKチョン・ソンリョンが、自身の公式インスタグラムを更新。クラブのレジェンドである元日本代表MF中村憲剛氏のドキュメンタリー映画を見に行ったことを明かし、「もっとチームのチカラになりたい」と誓った。

 川崎は今季、持ち前の攻撃力だけでなく、リーグ最少失点27と守備でもチーム力を発揮し、見事にリーグ優勝を果たした。そのなかで、来日6年目のチョン・ソンリョンも37試合中、32試合に出場してチームを支えてきた。

 絶対的な守護神は、インスタグラムで「少し前に中村憲剛さんの映画を観に行きました。感動もしたし、フロンターレの歴史をよく知ることが出来ました。もっとチームのチカラになりたいと思いました」と投稿。昨季限りで現役を引退した中村憲剛FRO(フロンターレ・リレーションズ・オーガナイザー)のドキュメンタリー映画「ONE FOUR KENGO THE MOVIE ~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~」を見たことを明かした。

 2016年のチョン・ソンリョン加入後、川崎はJ1リーグ優勝4回、ルヴァンカップ優勝1回、天皇杯1回を果たし、自身もベストイレブンに2回選出されている。ファンからは「もう十分助けてもらってます」「ありがとう!」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング