ゴール量産のサラーに称賛の嵐 「今、最も止められない選手」「電光石火の速さ」

リバプールFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】
リバプールFWモハメド・サラー【写真:Getty Images】

エバートン戦で圧巻の2ゴール

 日本代表MF南野拓実が所属するリバプールは現地時間12月1日にエバートンとのマージーサイドダービーに臨み、4-1で大勝した。この試合で2得点を決め、今季公式戦得点を「19」の伸ばしたエジプト代表FWモハメド・サラーを指揮官や同僚、解説者などがこぞって絶賛している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 敵地グディソン・パークに乗り込んだリバプールは前半9分に主将MFジョーダン・ヘンダーソンが左足での狙いすましたシュートで先制点をマーク。同19分にはヘンダーソンのスルーパスを受けたサラーが右サイドからエリア内に侵入し、GKと1対1を冷静に制して追加点を奪った。

 前半のうちに1点を返されたリバプールだったが、後半19分にはサラーが猛烈なプレスなDFシェイマス・コールマンからボールを奪うと、ハーフウェイライン付近からゴール前まで独走。またもGKとの1対1から左足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。同34分には、FWディオゴ・ジョッタがダメ押しの4点目を決めた。

 リバプールはこれで3試合連続の4得点とゴールラッシュ。今季はプレミアリーグ全試合で得点中で、しかも第3節チェルシー戦(1-1)以外はすべて複数得点と驚異的な破壊力を見せつけている。

 その中心にいるのがサラーだ。プレミアリーグでは、14試合に出場して13得点7アシスト。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では5試合6得点。合わせて公式戦ですでに19得点も決めている。

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、「彼は試合後に怒っていた。彼は3点目を取りたがっていたんだ」とサラーが2得点では満足していなかったことを明かしつつ、「モー(サラー)はシェイマス・コールマンにプレッシャーをかけてボールを奪い、そこから彼が得点する素晴らしいチャンスが生まれた」とゴールだけでなく、そこに至るまでの一連のプレーを絶賛した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド