「僕の財産」 槙野智章が浦和レッズと歩んだ10年間、契約満了で流した涙に込めたモノ

浦和レッズDF槙野智章【写真:Getty Images】
浦和レッズDF槙野智章【写真:Getty Images】

11月5日に契約満了を通達され、「毎日、毎日泣いてます」

 浦和レッズの元日本代表DF槙野智章は、11月17日のトレーニング後にオンライン会見を行い、2012年に加入してから10シーズン所属した浦和との、今季限りでの契約満了について思いを語った。

 槙野はサンフレッチェ広島の下部組織からトップ昇格し、その後、ドイツへ移籍してケルンでプレー。そして、広島時代の恩師でもあるミハイロ・ペトロヴィッチ監督の就任と同じタイミングになった2012年に浦和へ加入した。初年度はケルンからの期限付き移籍だったが、2年目からは完全移籍に移行して今季まで10シーズン所属。その間に、16年にルヴァンカップ、17年にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、18年に天皇杯のタイトル獲得を経験した。

 今季限りでの契約満了については、11月5日に浦和から通達があったことを明かした。そして、槙野は「契約のことに関して言えば、チームのことなのですべてを話すのは難しい。個人的には、通達された時には『まさか自分が』という思いが正直あった。5日に受けて、今日は17日ですけど、毎日、毎日泣いてます」と話す。そして、加入当時からのことを、時に涙ぐみつつもこう振り返った。

「僕がレッズに来た2012年、残留争いをした11年の様子など空気感として伝えてもらった。まずはチームの結束を深めることと、選手とファン・サポーターが一体になること、フロントスタッフが一緒の方向を向くことをやらなければいけない、と。僕が見ていた浦和レッズの強さや雰囲気を、06年、07年以上のものをまた作り出したいと。その1つが試合後にみんなで歌うことの提案だった」

 槙野は、勝利した試合後に浦和サポーターが歌う「We are Diamonds」をピッチ上に選手も残って一緒に歌うことを提案。これには、特にJリーグ発足当初から長く応援するサポーターからの異論や反発も多かった。今では定着した感があるが、ほかにもマスコットの稼働など、槙野加入前から浦和が伝統的にやってきたことについて意見をすることがあり、多くの議論を巻き起こしたのは事実だろう。

 特に、試合後の時間について槙野は「当初は『よそ者が勝手なことをやるな』とか。いろいろ言われてきたけど。これまで浦和を引っ張ってきた先輩方が『こういうのをやりたかったんだよね』とか。ファンの方たちも『あの時間がすごく好き』と言ってくれて続けることができました。みんなが嫌がることだとか、率先してやりました。すべてはクラブを強くしたいとか、1人でも多くの方に来てもらいたい、レッズを好きになってもらいたいという思いで」と話した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング