エリクセンの再起へ…古巣2クラブが移籍先へ浮上 心臓発作から復帰、現役プレー熱望

インテル元デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン【写真:AP】
インテル元デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン【写真:AP】

オランダの名門アヤックスと、母国オーデンセの2つが新天地へ浮上

 イタリア・セリエAのインテルに所属する元デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、冬の移籍市場でプレーできる環境を求める可能性が高まる中、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は2つのクラブが候補に挙がっていると報じている。

 エリクセンは6月12日に行われた欧州選手権のフィンランド戦で、左サイドで味方のスローインを受けようとしたエリクセンが突如として倒れた。ピッチ上で心肺蘇生法による措置まで行われる緊急事態だったが、一命をとりとめた。そして、現在エリクセンの心臓にはペースメーカーが装着されている。

 イタリアではレギュレーションにより、ペースメーカーを装着している選手がプレーできない。そのため、選手としての復帰を熱望するエリクセンの希望を聞き入れ、冬の移籍市場のタイミングで国外移籍になる可能性が高まっている。

 そうした中で、同紙ではエリクセンの移籍先としてオランダの名門アヤックスと、母国デンマークのオーデンセの2つが浮上しているとレポートしている。エリクセンのキャリアは、オーデンセの下部組織で頭角を現してアヤックスのユースチームに引き抜かれ、そこでトップチームデビューというもの。くしくも、若き日のエリクセンが過ごしたクラブが復帰の場として手を挙げているという。

 不屈の精神で再起に向けた意思を見せるエリクセンは、古巣2クラブのどちらかで再スタートを切ることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング