ブラジル人FW、横浜チェーン店で優雅な“朝ごはん”ショット 私服ブラックコーデも披露

横浜F・マリノスで活躍するFWマルコス・ジュニオール【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスで活躍するFWマルコス・ジュニオール【写真:Getty Images】

コーヒーショップでゆったりとした“朝食タイム”を満喫

 今季J1リーグ戦で28試合8ゴールの結果を残す横浜F・マリノスのブラジル人FWマルコス・ジュニオールが自身のSNSを更新。コーヒーチェーン店での優雅な「朝ごはん」ショットを公開している。

 2019年に横浜FMに加入したM・ジュニオールは1年目から33試合15ゴールと大暴れ。チームのJ1優勝に貢献するとともに、リーグ得点王とベストイレブンをダブル受賞した。昨季は28試合11ゴールと活躍し、今季も現在2位のチームをけん引中だ。

 そんなM・ジュニオールがインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)を更新。横浜市のみなとみらいで撮影したのは、ドトールコーヒーショップでの朝食ショットだ。

 日本語で「朝ごはん」と記し、コーヒーとミラノサンドも写っている。窓際で人の流れを眺めながら、ゆったりと優雅な朝食タイムを楽しんだようだ。帽子とシャツをブラック系でまとめた私服コーデ姿も届けている。

 24日の第33節セレッソ大阪戦は累積警告により出場停止となるM・ジュニオール。首位・川崎フロンターレを勝ち点9差で追いかけるなか、第34節以降の活躍に期待が懸かる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド