メッシ、GKを欺く技あり“決勝チップキックPK”を英メディア称賛 「センセーショナル」

PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】
PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】

CLライプツィヒ戦で2ゴールを挙げ、逆転勝利に貢献

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は、現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節RBライプツィヒ(ドイツ)戦で3-2と逆転勝利を飾った。今夏に移籍したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、2ゴールを挙げて白星に貢献。決勝点となった技ありPKに海外メディアが注目している。

 CLグループステージで1勝1分スタートのPSGは、今節にライプツィヒと対戦。前半8分にフランス代表FWキリアン・ムバッペのゴールで先制するも、その後ライプツィヒの反撃に遭い、2失点で1点のビハインドを背負った。

 しかし、ここからメッシがギアを上げる。後半22分、敵陣でボールを奪ったPSGは素早くショートカウンターを仕掛け、ペナルティーエリア内に持ち込んだムバッペの折り返しにメッシがシュート。一度は相手GKペーテル・グラーチに弾かれたが、こぼれ球を冷静に無人のゴールに押し込んで同点とした。

 さらに、メッシは後半29分に獲得したPKではGKグラーチとの駆け引きを制し、華麗なチップキックでゴール中央にシュートを決めて勝ち越し。チームに劇的な逆転勝利をもたらした。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「センセーショナルなパネンカPK」「記憶に残る逆転勝利」と称賛している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング