豪州代表監督、日本ファンのエネルギーに脱帽 「それを味方にしたと思う」と敗因分析

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督【写真:高橋 学】
オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督【写真:高橋 学】

終盤の失点について言及「日本のファンがエネルギーを与えた」

 オーストラリア代表は、12日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節の日本代表戦で1-2と競り負けた。グラハム・アーノルド監督は敗因を分析し、日本のファンが与えたエネルギーに触れている。

 試合は前半8分、MF田中碧の代表初ゴールで日本が先制。その後、後半25分にMFアイディン・フルスティッチが鮮やかな同点フリーキックを叩き込むも、同41分にオウンゴールから失点したオーストラリアが1-2で敗れた。

 オーストラリアのW杯予選連勝記録が11試合でストップしたなか、アーノルド監督は「こういう結果になったが、選手のパフォーマンスには満足している。失点は2点、まずいプレー、スロッピーなプレー(いい加減なプレー)から起きた。連勝記録が話題になったが、ストップしたことで次のステップに移れる。W杯に向けて、連勝などを気にしないでやれる。選手には尊敬の念を持っている。1試合ずつ丁寧にやっていくだけ」と割り切りを見せている。

 また「日本を苦しめた部分も、苦しめられた面もあった」と振り返りつつ、ファンのサポートが日本の力になっていたと指摘した。

「何が違ったかといえば大勢のファンがいたこと。日本はこの3試合それがなく、今回は日本がエネルギーを必要としていた。それを味方にしたと思う。ニューサウスウェールズ州政府に、W杯へ行けるように助けてほしいと訴えている。ワクチン接種率も80%を越えた。イギリスではフルスタジアムでやれているし、他でもそう。ファンの入る中でプレーができたらいい。後半は日本のファンに対しても戦うことができて1-1にできたが、最後の10分、15分は日本のファンがエネルギーを与えた。私たちにもそれが重要。州政府が助けてくれるのを願っている」

 最後はオウンゴールで敗れたオーストラリアだが、最後の一押しは日本ファンによるものとアーノルド監督は強調していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング