セルティック古橋、決勝ゴール直後の“情熱的な仕草”を海外称賛 「ファンが歓迎」

セルティックのFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックのFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

味方の決勝ゴール直後に見せた派手なガッツポーズシーンに脚光

 セルティックの日本代表FW古橋亨梧は、現地時間2日のスコティッシュ・プレミアシップ第8節アバディーン戦で怪我から復帰後、リーグ戦初スタメンを飾った。さっそくゴールを奪った活躍ぶりもさることながら、現地メディアでは味方の得点後に見せた“情熱的な仕草”が話題になっている。

 古橋はカタール・ワールドカップアジア最終予選の中国戦で膝を負傷し戦線離脱するも、9月30日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第2節レバークーゼン戦(0-4)でスタメン復帰。2日のアバディーン戦で4試合ぶりとなるリーグ戦先発を飾った。

 すると開始11分、怪我から復帰した日本人アタッカーが躍動する。MFデイヴィッド・ターンブルからの右クロスに対してファーサイドで反応。胸で押し込む今季4ゴール目でチームに先制ゴールをもたらした。

 チームはその後、後半序盤に追いつかれたものの、同39分にMFジョタの決勝ゴールが決まり、3試合ぶりの勝利を飾ったが、古橋はこの得点シーンの場面で、派手なガッツポーズを披露。両こぶしを突き上げた後、右手を思い切り前に振りかざした姿がセルティックサポーターを魅了したという。

 現地メディア「67 hail hail」は、そのシーンに寄せられたSNS上の反応を紹介するとともに「ファンから再び歓迎されたのは彼のゴールだけではなかった。それはまた、ジョタが終盤で重要なゴールを決めた後に見せた情熱でもある」と指摘。味方のゴールに対し喜びを爆発させた姿は「一見すると些細なことのように思える」としているが「フープス(セルティック)のサポーターを喜ばせるのは、その情熱なのである」と綴っている。

 セルティック加入後、ピッチ上での献身的なプレーや謙虚な姿でファンの心を掴んできた古橋。この試合では得点シーンだけでなく、チームへの愛情を窺わせるような仕草でも脚光を浴びていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド