「J2のベッカム」 甲府FWの“50m超”歴史的スーパーロング弾に喝采「年間ベスト」

甲府FW鳥海芳樹がスーパーゴール(※写真はイメージです)【写真:小林 靖】
甲府FW鳥海芳樹がスーパーゴール(※写真はイメージです)【写真:小林 靖】

甲府FW鳥海が山形戦で驚愕の一撃、度肝を抜くシュートの反響が拡大

 ヴァンフォーレ甲府のFW鳥海芳樹が、2日のJ2リーグ第32節モンテディオ山形戦(2-0)で決めた超ロングシュート弾への反響が拡大している。滅多に目にかかれない一撃に、ファンからは「年間ベストゴール」との声まで飛び出している。

 山形戦の後半途中からピッチに立った鳥海は同31分、自陣のセンターサークル手前でパスを受けると、そのまま前を向いてハーフウェーライン手前から右足を一閃。シュートは一直線に敵ゴールへ向かっていき、前目のポジションを取っていたGKの頭上を越し、ネットへ吸い込まれた。

 推定飛距離50メートル超はあろうかという超ロングシュート弾は反響を呼び、このゴールシーンを投稿した甲府の公式ツイッターには「10年に1度見れるかどうかの、スーパーゴール」「凄いモノを見た」「鳥肌が3分くらい止まらなかった」など、驚きの声が相次いで寄せられていた。

 Jリーグ公式ツイッターでもこのゴールが紹介されると、滅多に目にかかれない歴史的なスーパーゴールにファンは釘付けに。投稿には「これは流石に天才」「鬼のゴラッソ」「半端ない」「神懸かってた」「年間ベストゴール」といったものや、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が決めた伝説の50m超ロングシュート弾になぞらえ、「J2のベッカム」との声まで上がり、驚愕のシュートへ熱視線が注がれていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド