小野伸二、同僚との「長距離リフティング練習」動画に“タイのメッシ”も反応 「最高」

北海道コンサドーレ札幌でプレーするMF小野伸二【写真:グレアトーン】
北海道コンサドーレ札幌でプレーするMF小野伸二【写真:グレアトーン】

広島戦に0-2で敗れたあと、出番がなかった後で残り試合での「勝利」を約束

 北海道コンサドーレ札幌は26日、ホームでのJ1リーグ第30節サンフレッチェ広島戦に0-2で敗れた。出番がなかった元日本代表MF小野伸二は試合後、インスタグラムで「応援してくださる方々を悲しくさせてしまいました」とファンへメッセージを送りつつ、同僚との長距離リフティング動画をアップしている。

 広島を迎え撃った札幌だが、前半3分にセットプレーの流れから先制点を献上。後半39分にもDFドウグラス・ヴィエイラに追加点を奪われ、0-2で敗れた。

 今季リーグ戦3試合の出場にとどまっている小野は、8試合連続でベンチ入りするも出番なし。チームも直近6試合で5敗目となったなかで、インスタグラムに思いを綴った。

「今日は試合に負けてしまい残念。多くの北海道コンサドーレ札幌を応援してくださる方々を悲しくさせてしまいました。その中で監督、スタッフ選手みんなで、残りの試合も全力で勝ちに行きますので、これからも変わらず応援をよろしくお願いします」

 このメッセージとともに、MF高嶺朋樹との「長距離リフティング練習」を添付。小野らしい高精度のキックと繊細なタッチに、同僚MFチャナティップが「最高」とコメントすれば、ファンからも「これぞボールは友達」「めっちゃうまい」「超絶」といった声が上がった。

 小野が「#力を合わせて」「#勝つぞ」と綴ったように、流れを変えられるか、札幌の今後の戦いに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング