英雄シャビのバルサ監督就任の可能性は? 現地メディアが“3つのポイント”から考察

かつてバルセロナで活躍をしたシャビ・エルナンデス【写真:Getty Images】
かつてバルセロナで活躍をしたシャビ・エルナンデス【写真:Getty Images】

苦しい戦いを強いられるバルサ、クーマン監督の後任候補にシャビ監督の名も

 スペイン1部バルセロナでは、ロナルド・クーマン監督の解任論が浮上している。後任候補の1人には元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス氏の名前が挙がるなか、スペイン紙「マルカ」はクラブのレジェンド¬¬¬¬が監督として戻る可能性を考察している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2019年からカタールのアル・サッドを率いているシャビ監督は、今年5月にクラブとの契約を延長。2023年までは同クラブの監督を務める意思を示した。しかし、バルセロナは20日のリーガ・エスパニョーラ第5節グラナダ戦を1-1で引き分け、クーマン監督への批判が過熱。解任が叫ばれる事態となっている。

 そこでバルサの新監督候補として名前が挙がっているシャビ監督だが、クラブのOBであり、バルサのDNAを持つ同監督の就任を歓迎する「マルカ」紙は、バルサ監督就任の可能性を3つのポイントから考察している。

 交渉をスタートさせるうえでまず不可欠なのは現監督の解任だ。言うまでもなく、クーマン監督がいる限りその職に就くことは不可能。クラブが監督交代の意思表示を示さない限り、「バルサとは絶対に交渉しない」と指摘している。

 クーマン監督が職を追われるかどうかに加え、どのようなプロジェクトを提案するかも重要だという。シャビ監督がそのプロジェクトが気に入れば、たとえシーズンが始まっていても監督就任を引き受けるだろうと、「マルカ」紙は見解を綴っている。

 そしてアル・サッドとの交渉も忘れてはならない。シャビ監督と家族は、カタールに馴染んでおり、幸せな生活を送っているという。バルサから声がかかった際、アル・サッドの許可を得る必要性も出てくる。「マルカ」紙は「シャビを放出することに問題はないと思われるが、それには特別な事情が必要」と指摘した。

 2021-22シーズンはスタートしたばかりだが、果たしてシャビ監督の古巣帰還は実現するだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も