オナイウ阿道は「今夏の移籍市場で最も優れた選手」 1試合2ゴールの活躍に現地注目

トゥールーズの日本代表FWオナイウ阿道【写真:Getty Images】
トゥールーズの日本代表FWオナイウ阿道【写真:Getty Images】

グルノーブル戦で移籍後初となる1試合2ゴールをマーク、ここ4戦5発と好調をキープ

 トゥールーズの日本代表FWオナイウ阿道は、現地時間18日に行われたフランス・リーグ2部(リーグ・ドゥ)第8節のグルノーブル戦(4-1)で2ゴールを奪い、チームの勝利に貢献した。ここ4戦5発の活躍ぶりに、現地メディアは「今夏の移籍市場で最も優れた選手」と記して熱視線を送っている。

 現在25歳のオナイウは今年7月、横浜F・マリノスからトゥールーズへ完全移籍。7月24日に行われたアジャクシオとのリーグ開幕戦(2-2)で途中出場から新天地デビューを飾ると、第5節ディジョン戦(4-2)の前半37分に右足で移籍後初ゴールをマークした。

 さらに、翌節のヴァランシエンヌ戦(1-0)で2試合連続ゴール。続くル・アーブル戦(1-1)ではCKから打点の高いヘディングシュートで今季3ゴール目をマークして迎えた今節のグルノーブル戦では、移籍後初となる1試合2ゴールの活躍を見せた。

 オナイウは1-0で迎えた前半34分、ペナルティーエリア(PA)内でパスを受けると、相手を1人かわしゴール右上へ左足で冷静にフィニッシュ。後半2分には味方からの左クロスをファーサイドで押し込みこの日2点目をマークし、リーグ戦ここ4試合で5ゴールとその勢いは止まる気配を見せない。

 オナイウの活躍ぶりに、フランスメディア「L’Opinion」も注目。「アド・オナイウ、今夏の移籍市場で最も優れた選手」と見出しを打ち、「トゥールーズにとって、今夏の移籍市場で獲得した中で相応しい選手であることを示している」と賛辞を送っている。

 データ分析会社「オプタ」によると、ゴールを量産するオナイウは、トゥールーズの選手としては2014-15年のウィサム・ベン・イェデル(ASモナコ)以来、リーグ戦(リーグ・アン&ドゥ)のシーズン最初の8試合で5ゴール以上を記録した初めての選手になったという。

 チームも好調を維持し、開幕8試合負けなし(6勝2分)で首位をキープするなか、即戦力として十分な働きを示すストライカーが今後どこまでゴール数を伸ばせるかに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も