名将ペップの発言に「驚いた」 マンCサポーターが異論「困難を理解していない」

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

CLライプツィヒ戦後のグアルディオラ監督の発言がサポーターの反感を買う

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第1節のRBライプツィヒ戦(6-3)の勝利後、ホームゲームにより多くのサポーターに足を運んでほしいと要求したが、これがサポーターの反感を買っているようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 シティはミッドウィークに行われたCLの試合でRBライプツィヒをホームに迎えた。両チーム合わせて9得点が乱れ飛ぶ打ち合いの末に6-3で勝利を収め、グループステージで白星発進を飾った。

 この試合ではエティハド・スタジアムのキャパシティ約5万5000人のうち、埋まったのはおよそ3万8000席だった。これを受けてグアルディオラ監督は、18日に同じくエティハド・スタジアムで行われるプレミアリーグ第5節サウサンプトン戦に向けて「我々は疲れているだろうから、土曜日の試合にはより多くの人に来てほしい。試合を見てもらうために土曜の午後3時の試合にみんなを招待するよ」とコメント。より多くのサポーターがスタジアムに足を運び、応援するように求めた。

 しかし、このペップの要求についてクラブの公式サポーターズクラブの事務局長であるケビン・パーカー氏は、サポーターの置かれた状況に配慮してほしいと異論を唱えている。

「(ペップの発言には)驚きました。なぜ彼がそのようなことを言ったのか私には分かりません。彼は(CLが開催される)水曜日の夜8時にエティハドに行くのが困難な人がいることを理解していないんです。彼らには子どももいるし、お金に余裕がないかもしれない。それに今はコロナの問題もある。なぜ彼がそのことについてコメントしたのか理解できません。

 彼は間違いなく世界最高の監督です。ですから彼はそのことに専念すべきです。せっかくのいい夜が台無しになってしまいます。みんな素晴らしい試合よりもペップのコメントについて話している。彼は実質的にサポーターに疑問を呈した。そのようなことは残念だし、出過ぎたことだと思います」

 パーカー氏はグアルディオラ監督の発言は、サポーターの忠誠心を疑っていると指摘。コロナ禍で様々な制限を受けているなかでも足を運んでいるサポーターも多くいるだけに、指揮官の配慮を欠いたコメントを見逃すことはできなかったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング