日本の“天敵”ケーヒル、引退後のキャリアサポートの重要性を主張 「もっと手助けするべき」

カタールW杯アンバサダーを務める元オーストラリア代表FWケーヒル氏【写真:カタールW杯スプリームコミッティ提供】
カタールW杯アンバサダーを務める元オーストラリア代表FWケーヒル氏【写真:カタールW杯スプリームコミッティ提供】

カタールW杯アンバサダーを務めるケーヒル氏、プロ選手のセカンドキャリア問題に言及

 日本代表相手に5ゴールを記録し、「日本キラー」として名を馳せた元オーストラリア代表FWティム・ケーヒル氏。現在はカタールのアスリート教育機関「アスパイア・アカデミー」のチーフスポーツオフィサーを務めながら、同国で2022年に開催されるワールドカップ(W杯)のアンバサダーとして活動している。そんな同氏が、プロサッカー選手の引退後のキャリアサポートの必要性を、カタールW杯スプリームコミッティを通じた取材で訴えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 プレミアリーグの古豪エバートンなどで活躍したケーヒル氏は、約20年間のプロ生活を送った後、2019年に39歳で現役引退。現在はカタールに在住し、指導者として研鑽を積んでいる。

「人生のどんな段階でも、日々多く学ぶことは大切です。プロとしての日々はエキサイティングだったが、引退後の新たな挑戦を心から楽しんでいます」

 ケーヒル氏はこう語った。オーストラリア代表のレジェンドとして活躍した名手は順風満帆に引退後の日々を過ごしているが、国内外でもプロ選手はセカンドキャリアで苦しんでいるケースは多い。ケーヒル氏は現役中の選手に対する、引退後のキャリアサポートの重要性を声高に叫んでいる。

「サッカークラブと協会は、フットボールを終えた後の人生に対する選手の準備をもっと手助けする必要がある。最近は素晴らしい取り組みもあるが、もっと照準を合わせるべきだし、向上させるべきだ」

 16歳でプロサッカー選手を志したケーヒル氏は、引退直後にハーバード・ビジネス・スクールに入学。企業家としてのキャリアも築いている同氏は、キャリアサポートの重要性を訴えている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も