C・ロナウドの「驚くべきスピードデータ」をクラブ紹介 唯一”超人”を上回ったのは?

ニューカッスル戦で2ゴールを決めたFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
ニューカッスル戦で2ゴールを決めたFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

ロナウドはニューカッスル戦で全選手2位の時速34.20kmをマーク

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは11日のプレミアリーグ第4節ニューカッスル戦(4-1)にスタメン出場し、後半17分までに2得点を決める最高の“再デビュー”を飾った。36歳となった今なお、そのプレーに衰えは感じられず、クラブ公式サイトは「驚くべきロナウドのスピードデータ」を紹介している。

 2008-09シーズン以来、12年ぶりにユナイテッドへ電撃復帰したロナウドは、スタメンでの再デビューとなったニューカッスル戦でいきなり本拠地を沸かせた。0-0で迎えた前半アディショナルタイム、イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドのミドルシュートのこぼれ球を押し込んで初ゴールを奪うと、後半17分にはイングランド代表DFルーク・ショーのスルーパスに抜け出し、GKの股の間を抜く強烈な左足のシュートで2点目を挙げた。

 この試合、ロナウドはルーク・ショーが自陣からボールを縦に運んだ瞬間、ハーフウェーライン付近から一気に加速。ペナルティーエリア手前でパスを受けてシュートまで持ち込んだ場面でのスピードは、英公共放送のスポーツ番組製作部門「BBC Sport」が時速32.5kmをマークしていたとして、英メディアでも取り上げられていた。

 しかし、実際には36歳のロナウドはもっと速かったようだ。ユナイテッド公式サイトは「驚くべきロナウドのスピードデータ」と題し、データ分析会社「オプタ」調べでロナウドが時速34.20kmを記録していたことを紹介。これを上回ったのは、両チームを通じて同僚の23歳DFアーロン・ワン=ビサカ(34.59km)だけだったという。

 記事では、「いまだに電光石火のスピード」を称されており、ロナウドは復帰した古巣で迫力満点のプレーを見せ続けてくれそうだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング