PSV堂安律、今季初ゴール! ドリブル→左足”芸術弾”…クラブ公式称賛「非常に巧妙」

AZ戦で今季初ゴールを決めたMF堂安律【写真:Getty Images】
AZ戦で今季初ゴールを決めたMF堂安律【写真:Getty Images】

AZとのアウェー戦に途中出場し今季初出場、左足で今季リーグ戦初ゴール

 オランダ1部リーグのエールディビジは現地時間11日、第4節が行われ、PSVの日本代表MF堂安律がAZとのアウェー戦に途中出場し、今季初出場。左足で今季リーグ戦初ゴールを決めた。海外メディアは「宝石のような得点でPSVの勝利を確実にした」とこのゴールを称え、活躍ぶりに熱視線を送っている。

 堂安は昨季、PSVからドイツのビーレフェルトへレンタル移籍し、全34試合に出場して5ゴールをマーク。今季からPSVに復帰したが、東京五輪に出場した影響もあり、ここまでリーグ戦での出場はなかった。しかし、国際Aマッチウィーク明けで迎えたAZとのアウェー戦で、後半10分から途中出場すると、終盤に見せ場を作った。

 チームが2-0とリードして迎えた後半38分、ハーフウェーライン付近でボールを拾った堂安は、そのままドリブルで敵陣右サイドを前進する。そのままペナルティーエリア右寄りへ運ぶと、ボール奪取に来た相手をかわし左足を一閃。鋭いシュートがゴール左へと突き刺さる芸術的な一撃で、今季初ゴールをマークし、PSVの開幕4連勝へ貢献した。

 このゴールに対し、米大手スポーツサイト「ESPN」オランダ版公式ツイッターは「堂安律は宝石のような得点でPSVの勝利を確実にした」と称賛。PSV公式ツイッターも「非常に巧妙な方法で切り込み、ファーサイドを打ち抜いた。なんて素晴らしいことだ!」と綴るなど、堂安の”ゴラッソ”に熱視線が注がれた。

 堂安は今夏、去就動向が注目されドイツクラブへの移籍も噂されたが残留。「自分の行きたかったところはあったけれども、もう仕方がない」と、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表合流時に胸中を明かしていたが、定位置奪取へ強烈なアピールに成功した。なお、AZに所属するDF菅原由勢も後半27分からピッチに立ち、日本人対決が実現している。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング