「まだトップに立っているかは疑問」 苦心の日本、森保監督の”立場”に中国メディア言及

日本代表の森保一監督【写真:Getty Images】
日本代表の森保一監督【写真:Getty Images】

W杯最終予選1勝1敗のスタートとなった日本の森保監督に注目

 森保一監督率いる日本代表は、7日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦で中国に1-0と辛勝した。10月にはサウジアラビア、オーストラリアと強豪との対戦を控えるなかで、中国メディアは「来年1月の試合で森保監督が日本代表チームのトップにまだ立っているかどうかは疑問だ」と伝えている。

 FIFAランク24位の日本は、ホームでW杯アジア最終予選初戦に挑んだが、コンディションの良いオマーンのプレッシャーをかい潜れずに苦戦。逆に、終盤にサイドを崩されたところから失点を喫し、まさかの黒星スタートとなった。

 7日の中国戦でも、5バックを敷く相手に手を焼き、前半40分に右サイドで伊東純也がドリブルで縦に仕掛けてクロスを入れ、大迫勇也がニアでコースを変えて決めたゴールの1点にとどまった。中国が帰化選手のFWアラン、FWアロイージオを前半から起用(後半18分から出場)し、立ち上がりからアグレッシブにプレッシャーをかけてきていたら、違った展開になったかもしれない。

 中国とは来年1月27日開催の第7節で再戦となるが、中国メディア「新浪体育」は、この2試合で矢面に立った森保監督にフォーカスしている。

「中国戦の勝利は、森保監督の立場を一時的に保った。ただ、中国と日本の直接対決第2戦は来年1月27日に開催されるが、その時に森保監督がまだ日本代表チームのトップに立っているかどうかは大きな疑問だ。日本は最終予選を勝ち抜くことは難しくないと思われていて、ワールドカップベスト8が彼らの目標だ。ただ、2試合を終えて勝ち点3しか獲得できず、グループBの首位ではない。十分なパフォーマンスではなく、現実と期待のギャップで、観る者の不信感は高まっている。日本のファンの主な懸念は、10月にサウジアラビア、オーストラリアと立て続けに対戦すること。このライバルとの2試合で良い結果を残せない場合、日本の立場は大きく揺らぐ」

 森保監督にとっても、日本代表の選手たちにとっても、10月シリーズの2連勝は“マストミッション”となりそうだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング