久保建英は「1人で違いを生んだ」 中国戦での躍動に韓国メディア注目「最も印象的」

中国戦で積極的なプレーでゴールに迫ったMF久保建英【写真:AP】
中国戦で積極的なプレーでゴールに迫ったMF久保建英【写真:AP】

先発した久保のパフォーマンスを韓国メディア称賛「決定機をほとんど生み出した」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間7日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2節で中国代表と対戦し、アウェー扱いながら中立地カタールのドーハで行われた一戦で1-0と勝利した。先発フル出場したMF久保建英は、前半にポスト直撃のシュートを放つなど随所に好プレーを見せたが、韓国メディアも「1人で違いを生んだ」と日本攻撃陣でひと際輝くパフォーマンスだったと伝えている。

 2日のオマーン戦(0-1)で途中出場した久保は、中4日で迎えた中国戦で先発出場。トップ下で起用されたなか、前半23分に見せ場を作る。MF遠藤航とのワンツーからペナルティーエリア内に侵入すると、シザースフェイントで相手DFを揺さぶり右足を一閃。DFの股下を抜く強烈なシュートはゴール左ポストを直撃するも、高度な技術と瞬時の判断を光らせた。

 さらに同38分には、久保のミドルシュートから決定機を演出すれば、後半16分にもMF伊東純也のインターセプトからGKとの1対1(最終的にオフサイド判定)を迎えるなど、攻撃を活性化。自陣に引きこもった中国守備陣にスペースを消されながらも、ドリブルや味方とのパス交換を交えながら果敢にゴールへ迫った。

 そんな久保のプレーに韓国のサッカー専門サイト「フットボリスト」も注目し、「久保、日本A代表の攻撃のエースとして“1人で違いを生んだ”」と見出しを打って報道。オマーン戦のスタメンから4人を入れ替え、攻撃陣には久保とFW古橋亨梧が起用されたと伝えると、特に「久保は左足でのシュートをはじめ、チームメートとの2対1のパス、または個人技によって決定的なチャンスのほとんどを生み出した。日本と中国の選手のなかで、最も印象的だったのが久保だった」と記している。

 もっとも日本全体のパフォーマンスについては、「久保の活躍にもかかわらず、日本の悩みは相変わらずだ。18本のシュートを放ち1ゴールしか奪えなかった」と決定力不足に喘いでいることも指摘している。久保自身、A代表ではいまだ無得点だけに、W杯アジア最終予選前半戦の山場となる10月シリーズの2連戦(サウジアラビア/7日、オーストラリア/12日)でゴールを奪う活躍に期待したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング