徳島の18歳FW鈴木輪太朗イブラヒーム、バレンシアへ期限付き移籍 「より成長したい」

バレンシアへ移籍が決定した鈴木輪太朗イブラヒーム【写真:Getty Images】
バレンシアへ移籍が決定した鈴木輪太朗イブラヒーム【写真:Getty Images】

スペイン名門へ23年6月末までの期限付き移籍が決定

 Jリーグの徳島ヴォルティスは31日、プロ1年目の18歳FW鈴木輪太朗イブラヒームが、スペイン1部バレンシアへ期限付き移籍することを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなり、就労ビザ取得の関係で当面の間は徳島でトレーニングを行うという。

 ガーナ人の父と日本人の母を持つ192センチの長身ストライカーは、日大藤沢高から今年1月に徳島へ加入することが発表。今季ここまでリーグ戦での出場はないが、ルヴァンカップに1試合出場している。

 鈴木はクラブを通じて「シーズン途中ではありますがバレンシアCFへ移籍することを決めました。苦しい状況のチームを離れることは心苦しいですが、J1に残留できることを願っています。短い期間ではありましたが応援いただきありがとうございました。スペインで多くのことを吸収し、より成長したいと思います」とのコメントを発表。期待の逸材が、18歳でスペイン挑戦の道へ踏み出すことになった。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド