ポグバ、敵地でブーイングの嵐も…“粋な計らい”に英注目 「アンチを黙らせた」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ【写真:Getty Images】

相手MFへの“危険タックル”が物議も、ユニフォームを与え敵地ファンを喜ばせる

 マンチェスター・ユナイテッドは29日に行われたプレミアリーグ第3節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-0で勝利した。試合後、ブーイングを浴びせられたユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがウルブスのファンに見せた対応について、英メディア「GIVE ME SPORTS」が称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ユナイテッドは後半35分にFWメイソン・グリーンウッドが3試合連続となるゴールを決め、敵地での試合で1-0の勝利を収めたが、ウルブスはこの得点が認められるべきではなかったと主張。このゴールの直前、中盤でポルトガル代表MFルベン・ネベスに対するポグバのチャージがファウルのように見えたからだ。

 ポグバはネベスを倒した際、ボールには触れなかった。しかし、マイク・ディーン主審はゴールを認め、ウルブスのホームスタジアムからは不満のブーイングが上がり、ポグバには『詐欺師』『ペテン師』を意味する「チーター(チート行為をする人)」という罵声を浴びせられた。

 試合後、ネベスは衛星放送「スカイ・スポーツ」に対して「誰もが足に行ったところを見た。僕たちはいつも審判とVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)についての話をするのに、なぜこういうことが起きるのか理解できない」と不満を口にしたが、試合を解説していた元スコットランド代表MFグレアム・スーネス氏、MF元アイルランド代表MFロイ・キーン氏も、ファウルになるべきだったと認めている。

 解説者が見ても首を傾げる判定に対して、スタジアムのファン・サポーターは納得できなかった。試合終了後も、ポグバには「チート、チート、チート」という罵声が浴びせられたが、ポグバはこれを黙らせる術を知っていたようだ。

 ポグバは自分の着用していたユニフォームを脱ぐと、スタンドにいたウルブスのファンに手渡したという。その周囲から罵声は上がらなくなり、ポグバに対する拍手が巻き起こったようだ。記事では「ポグバの素晴らしい対応。これがアンチを黙らせる方法だ」と、敵対するのではなく、相手を喜ばせる対応を見せたポグバを称賛している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」