ケイン残留で方針転換? マンCがロナウド獲得に関心、年俸19億円の2年契約と伊報道

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

ユベントス側は最低32億円を要求、両者の思惑は一致していない状況

 マンチェスター・シティがユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に関心を示していると衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。年俸1500万ユーロ(約19億円)の2年契約を考えているという。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 シティは前線の補強としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの獲得を狙っていたが、交渉は進展せず。25日にはケインがツイッターで残留を表明している。

 そうしたなかで新たなターゲットとして浮上しているのが、ユベントスのロナウドだ。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はすでにロナウドの残留を主張しているが、シティは2年契約、年俸1500万ユーロの条件でのオファーをする意思があるという。

 シティは移籍金の発生しないフリートランスファーでの契約を望んでいるとも伝えられている一方で、ユベントスは最低でも2500万ユーロ(約32億円)を要求。そして、まだ正式なオファーは届いていないという。

 また、ロナウドの代理人サイドは移籍に前向きな姿勢で、ユベントスもブラジル代表FWガブリエル・ジェズスを含めた取引には関心を持っているようだが、シティはジェズスの売却にはノーを示している。互いの思惑は一致していない状況だ。

 ロナウドに関しては今夏に古巣レアル・マドリードへの復帰や、大型補強を進めるパリ・サンジェルマンなどへの移籍が噂されていた。しかし、レポートによると現時点で獲得に興味を持っているのはシティのみだという。ケイン獲得を逃したことで別のターゲットに切り替えた様子のシティだが、ロナウドの電撃移籍を実現することはできるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛