「私は幸運な人間」 NWSL通算100試合の川澄、女子サッカー界の重鎮との祝福2ショット投稿

米女子サッカーリーグNWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】
米女子サッカーリーグNWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美【写真:Getty Images】

古巣OLレイン戦で100試合出場を達成で、アメリカ女子代表MFラピノーからも祝福

 米女子サッカーリーグNWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美は、現地時間21日に行われたOLレイン戦(2-3)で日本人初となるNWSL通算100試合出場を達成した。自身のインスタグラムでは、女子サッカー界の重鎮から祝福を受けたショットも公開している。

 川澄は2014年、INAC神戸レオネッサから半年間の期限付き移籍でNWSLのシアトル・レイン(現OLレイン)へ。レンタル満了後にINAC神戸に復帰して2年半を過ごし、2016年夏に再びアメリカへ渡った。

 昨季限りでINAC神戸へのレンタル期間が満了し、スカイ・ブルーFCに復帰した川澄。今年4月にはチーム名も「ゴッサムFC」に変わり、2021年シーズンはここまでリーグ戦13試合(計834分間)に出場して1ゴールを記録している。

 21日に行われた古巣OLレイン戦で日本人初となるNWSL通算100試合出場を達成。川澄の快挙を祝うべく、ゴッサムFCの同僚全員がアメリカ国旗と「100」という数字が施された特製Tシャツを着用し、「ナホ!」と選手たちが上着を脱いでTシャツを披露し、サプライズで祝福する様子がクラブ公式ツイッターで公開されていた。

 そのなかで、川澄はインスタグラムで「サッカーを通じてみんなに会えて感謝しています。そして、これまでに会った素晴らしいすべての友人に感謝しています。私は幸運な人間です!!」と綴り、計9回の写真をアップ。同僚のカナダ代表MFアレクサンドラ・ロング、古巣OLレインのウェールズ代表MFジェス・フィッシュロック、アメリカ人DFローレン・バーンズ、さらにはアメリカ女子、そして女子サッカー界の重鎮でもあるアメリカ代表MFミーガン・ラピノーから祝福を受けた様子が収められている。

 2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーであるDF鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS)も、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「アメリカで100試合は本当にすごい」と祝福しており、川澄は称えられるべき偉業を成し遂げたと言っていいだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド