C・ロナウド、今夏プレミア移籍浮上 去就報道が過熱…“英&仏”の二択と伊紙指摘

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】

今夏の移籍説が“再燃”…PSG入り報道に続き、シティ行きも浮上か

 イタリア・セリエAの強豪ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、移籍市場のラスト1週間で新天地を模索。フランス行きとイングランド行きが可能性に残るとイタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

 ロナウドは2018年夏にスペインの強豪レアル・マドリードからユベントスに電撃移籍して4年契約を結んだが、契約延長はされていない。そのため、何事もなければ今季がユベントスとの契約最終年で、1年後には契約を満了したフリーの状況になる。

 ユベントスが手取り3100万ユーロ(約40億円)という高額年俸を苦にして放出の選択肢を除外していないとかねてから報じられる中、レアルへの復帰説はロナウド自身がインスタグラムで否定した。しかし、その憶測に釘を刺す強い口調の文章の中に「ユベントス」の文字が1つもなかったことがさらなる去就報道を呼んでいる。

 その中で、ロナウド自身はリーグ開幕のウディネーゼ戦でベンチスタートだった。移籍希望が根強いという声もある中で、フランスの強豪パリ・サンジェルマンはにわかにフランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル移籍説が浮上している。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得したPSGはその場合の後釜に、契約が残り1年で移籍金が2500万ユーロ(約33億円)ほどでユベントスが納得するとみられるロナウド獲得が選択肢にあるという。

 また、代理人のジョルジュ・メンデス氏の動きからはイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティ行きも浮上しているという。レアルのライバルであるバルセロナを指揮してきたジョゼップ・グアルディオラ監督のサッカーにロナウドがどうハマるかは未知数だが、資金力の面では数少ない候補の1つにはなるのだろう。

 なお、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」によると、ブックメーカーでのロナウド去就のオッズは、ユベントス残留が1番人気で2倍強、PSG行きが2番人気の5.5倍、シティ行きが3番人気の7倍だとされている。そして、古巣復帰という点ではレアルが17倍、マンチェスター・ユナイテッドが26倍になっているとされた。

 移籍市場のラスト1週間を切り、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに加え、にわかにムバッペやロナウドといったスター選手の去就が注目され始めている。ロナウドは8月ラストに電撃移籍をすることになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング