「心を打たれる」 “ジーニアス”柿谷曜一朗の「スーッと後ろから来る」クリアに脚光

名古屋グランパスでプレーするFW柿谷曜一朗【写真:小林 靖】
名古屋グランパスでプレーするFW柿谷曜一朗【写真:小林 靖】

福岡戦の後半18分、ペナルティーエリア前まで戻ってピンチを防ぐ渾身クリアを披露

 名古屋グランパスの元日本代表FW柿谷曜一朗は、今季移籍1年目ながらここまで全25試合に出場するなど、チームの中心の一角を担っている。Jリーグ公式ツイッターは、“ジーニアス”の守備での輝きを取り上げている。

「スーッと後ろから来ます」

 このようにJリーグ公式ツイッターが取り上げたのは、22日に行われたJ1リーグ第25節アビスパ戦(1-0)のワンシーンだ。

 名古屋は後半4分に途中出場のポーランド代表FWシュヴィルツォクのゴールで先制したなか、同18分に福岡に攻め込まれる。ゴール前からペナルティーアーク付近の福岡MF中村駿へパスが出たなか、猛スピードで戻ってきた柿谷が見事にクリアしてピンチをしのいだ。

「名古屋グランパス 柿谷曜一朗選手が相手選手の背後から出てきてボールをクリア」

 投稿には、ファンから「ボールの予測が素晴らしい!!」「こんな所まで守備してくれるんだよな」「柿谷選手のこの走り(特に守備時)にはいつも心を打たれてます」と声が上がっている。

 “ジーニアス”と呼ばれ、華麗なテクニックがフォーカスされる柿谷だが、泥臭さやハードワークも評価に値するだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング