ベンゼマ、レアルと1年の契約延長へ 違約金は驚愕の1282億円とスペインメディア報道

フランス代表FWカリム・ベンゼマは、レアルと2023年まで契約を延長か【写真:Getty Images】
フランス代表FWカリム・ベンゼマは、レアルと2023年まで契約を延長か【写真:Getty Images】

契約をまっとうすれば14シーズンをレアルで過ごすことに

 フランス代表FWカリム・ベンゼマは、所属するレアル・マドリードと2023年まで契約を延長するようだ。移籍専門ジャーナリストとして名高いファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の公式ツイッターで伝えている。

 ロマーノ氏によれば、「ベンゼマはレアルと2023年6月まで契約を延長。すでに契約書へのサインは済ませており、公式発表はクルトワ、カルバハルに続いて行われる」という。最新情報とともに添付された写真は、ベンゼマが初めてレアルの選手として紹介された2009年7月の写真が添えられており、さらに「こうして2009年7月に始まった。ベルナベウにて。4433日前」と、綴られている。

 ベンゼマは、これまでレアルで12シーズンにわたってプレーし、通算560試合に出場して281得点を記録。選手の出入りが激しいクラブにあって、これだけの長い期間、所属し続けている選手は極めて珍しい。

 スペインメディア「フットボール・エスパーニャ」は、追加情報として「契約の中には、契約解除金を10億ユーロ(約1282億円)とする条項も盛り込まれている」と指摘。キャリアの最後を古巣リヨンでプレーすることを夢見ているストライカーを、クラブにとどめておきたい姿勢を示している。

 現在33歳のベンゼマは、昨シーズンのラ・リーガでキャリア最多23ゴールを記録。今シーズンも開幕戦のアラベス戦(4-1)で早くも2得点しており、まだまだ衰えを見せていない。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド